太陽光発電の買取価格が下がった今が長期投資の機会

太陽光発電は一時期大ブームとなっていましたが最近では落ち着きが見られるようになってきました。自然エネルギーの買取価格が下がってきたためにメリットが減ってきた事が原因です。但し逆に考えると今が太陽光発電を始めるチャンスともいえるでしょう。今までは多少陽当りが悪い土地であろうと、雪が降るような土地であろうと採算が取れていたために乱開発に近い状況になっていたからです。安易に発電を始めた土地は固定買取期間が終了した後では発電に適さない事が多いので不良物件と化す可能性があります。一方これから始められる方は年間を通じた陽当りの良い、地価の安い条件の良い土地を見つけるので必然的に資産としての土地が残るでしょう。とは言え個人で条件の良い土地を探すのは困難な為、専門の仲介業者を利用するのが近道です。業者としても条件の悪い土地は売り物にならないために年々物件を探すノウハウを蓄積しているからです。

太陽光発電をする場合の価格について

太陽光発電を考えて見た場合、一番のメリットは石炭を燃やしたり、原子力をつかったりせず、自然に存在するものをそのまま利用できることが考えられます。環境に気を使うことが多い近年、それは非常に大切な選択肢に成り得ます。しかしながら、気になるのはその価格と実際に儲かるかどうかですよね。具体的な計算をしてみると、家庭に設置した場合は10年で利益が出始めます。確かに時間はかかりますが、原価を取り戻す事ができれば環境にも貢献でき、非常に有用なものとなります。特にオススメしておきたいのは、都会の大消費地の近くに土地を持っている方や近場で電力を消費する事のできる大企業です。電気は生産場所と消費場所が離れるほど、送電効率が落ちます。したがって、可能な限り生産場所と消費場所が近いほうが望ましいです。ぜひ、検討してみて下さい。

太陽光発電の価格はキロワット当たりの単価で比較

太陽光発電システムを設置するときに、目安となるのが設置容量あたりの単価です。総額を予定キロワット数で割れば出てきますが、安いと言われるレベルは40万円以下ということが言われます。注意したいのは、追加工事がないという前提。たまにあるようですが、web上の見積もりだけを参考にしていると、現地調査をした際に屋根の形状等によって金額が異なってくることがあります。複数の見積もりを取る場合は、必ず現地調査をしてもらったうえでの金額を出してもらうようにしましょう。その時、現地調査は必要ないというような業者があった場合、そういう業者は避けた方が賢明です。複雑な構造で、デリケートな屋根を扱う工事ですから、もしも粗悪な工事に遭ってしまうと大変なことになってしまいます。価格もですが、色々と身になるアドバイスをくれる業者がおすすめですね。